体臭で悩んだ友人の体験

サイト管理人の紹介

 

----------------------------------------------------------
なにか連絡ありましたら下記へお願いします。

 

相談でも全然かまいません。

 

自分や友人・知人の
体験をもとにして返信させていただきます。。

 

よろしくお願いします。

 

nanahoumatsu#yahoo.co.jp(#を@に変換して送信してください)

 

---------------------------------------------------------

 

 

(以下、簡単ですが紹介となります。)

 

私は現在、運送屋に勤務しています。

 

高校時代にさかのぼると私には、カラダが多少におう友人がいました。

 

その当時彼は3日に一度しかお風呂に入らなかったり・・・テスト期間になると一週間近くお風呂に入らないこともありました。

 

なので、頭にフケが乗っていることも日常茶飯事で、体が臭いのも当然のことでした。

 

 

彼は高校を卒業し大学へ進学してからは毎日お風呂に入るようになり、しっかりシャンプーや石鹸で体を洗うようになりました。

 

しかし彼の場合、しっかりお風呂に入るようになってからも体の臭い(におい)は消えませんでした。

 

そのころ、よく彼をふくむ友人3人でクルマで遊びに出掛けることが多かったのですが

 

彼を家まで迎えに行き彼がクルマに乗り込んでくると“土臭い”というか“土がこげたようなにおい”が車内ににたちこめるのです。

 

 

もう一人の友人が「おまえ、なんか土臭いぞ」と言うと、彼は「ついさっきお風呂に入ったばかり」だと言います。

 

べつにイヤなニオイではなかったのでそこまで気になりませんでしたが・・・

 

彼は自分のにおいには気づいていませんでしたが、私ともう一人の友人は感じていました。

 

 

そのあと私たちは社会に出て就職しましたが、彼の臭いはある時期をさかいに一気にキツくなりました。

 

最初は夏場のワキ汗の臭い(におい)が酸っぱい程度だったのですが、急に胸のあたりや頭・二の腕からも強い刺激臭がするようになりました。

 

あまり汗をかかない冬でも、くさかったです。数メートル離れていてもツーンとした臭い(におい)が飛んでくるかんじです。

 

そのあと色々分かったことですが、彼の体臭の原因は日々感じている強いストレスから来るものでした。

 

 

もともと彼は小さなころから周りの人たちの視線を強く気にして生きていました。

 

「自分はどう思われているだろうか?」

 

その思いが、「常に自分をよく見せたい」と気負うことにつながっていたようです。

 

 

自分をよく見せたいこと自体は全然悪いことではありません。

 

しかし、それが行きすぎるとストレス過多になって体臭が強くなる大きな原因になります。

 

 

ストレスを日々強く感じている人の体臭はほぼ確実にくさいです。

 

皮脂の酸化が異常にすすむため、“土臭い”または“焦げ臭い”ニオイを発します。

 

それが進行すると、台所の油で汚れた換気扇のにおいになります。

 

 

また、ストレスがたまると腸内環境は悪化し便秘になり食物の異常発酵がすすみます。これも体臭をきつくします。

 

さらに、エネルギーの不完全燃焼が起こりやすくなりアンモニアが汗に混じりやすくなります。これは疲労臭・ストレス臭と呼ばれています。

 

この段階まで来ると、汗そのものが臭う(におう)ようになります(ふつう汗じたいは臭いません)。そのため、お風呂に入るだけでは解決できなくなります。

 

最終的には、お風呂に入った直後に体をふいたバスタオルがアンモニア臭くなることもあります。

 

それくらいストレスが体臭に与える影響は大きいです。

 

体臭で悩んでいる人は大勢いますが、ボディケアと同じくらい精神的なケアを大事にすると治りが早くなります。

 

そして体の酸化を遅らせることが大事でタバコの吸いすぎや過度のストレスは体臭をきつくする大きな原因となります。